関東の古都に住むなら|木造なら悠悠ホームに決まり|こだわりの家造り
室内

木造なら悠悠ホームに決まり|こだわりの家造り

このエントリーをはてなブックマークに追加

関東の古都に住むなら

積み木

その土地の特徴

神社仏閣などがたくさんあり、日本らしい美しさが魅力的な鎌倉は、東京からも電車で約一時間程度という好条件にあります。観光として訪れるだけでなく、鎌倉の土地そのものに住みたいと望む人も大勢います。また自然も豊富なので山も海も付近にあり、それゆえに海の幸や地元野菜など、食に関しても恵まれた環境です。おまけに海のレジャーはもちろん、散策やジョギングなどにはまさに最適な環境が整っており、観光地ゆえにおしゃれなお店なども多いため、買い物や外食にも困ることはありません。しかしながらそれほど広いエリアというわけではない上、家を建てることが可能な土地も限られていることもあり、土地や不動産価格はやや高額です。そのために新築を建てることはなかなかハードルが高くなっています。よりリーズナブルに住むために、中古一戸建てが注目されています。

中古のいろいろ

鎌倉に一戸建ての家を持ちたい場合、既に建っている中古一戸建てが狙い目です。中古一戸建てならば購入費用も抑えられますし、後からリフォームやリノベーションを施せば、新築と見間違えるほどに綺麗になる場合もあります。ただしリフォームやリノベーションも、その中古一戸建てによっていろいろ条件が異なることもありますので注意しましょう。特に内装や外装だけを綺麗にするならば簡単ですが、見えない部分で耐震補正などが必要な場合は、それなりの費用もかかります。もっとも行政に相談すると、サポートや控除などが受けられることもあります。また鎌倉は高台や傾斜地も多いため、自然崖などに面してる建物の場合、滑り落ちないために家を支える杭がしっかりしているかどうかの確認も必要ですし、細い道が多いので荷物や重機の搬送などにも苦労することもあります。